頭皮の乾燥予防&対処法

これから夏に向け気温がどんどん上がる時期。

それに伴い、汗をよくかくようになり、頭の皮脂汚れやベタつき、かゆみ、臭い等も気になる…

なんて方も多いのではないでしょうか?

実は、夏は頭皮が乾燥する季節なんです。

じゃあ、どう対処したらいいのでしょうか。

◆原因は…洗いすぎ!?
.
.

夏の頭皮が乾燥する原因の一つは洗いすぎです。

頭に汗をかくと気持ち悪いので、一刻も早くシャワーを浴びてスッキリしたいですよね。

でも、その時に石油由来系の界面活性剤を使った洗浄力の強いシャンプーを使うと

、頭皮の皮脂を過剰に落としてしまうんです。

毛穴から分泌されている脂は確かに厄介ですが、実は頭皮に潤いを与えるとともに

雑菌の侵入を防ぐバリアの役割も果たしてくれています。

この皮脂を落としすぎて頭皮が乾燥すると、頭皮の荒れやフケの要因になってしまいます。

なので、汗をかいて気持ち悪いからと1日何度も洗うのは厳禁なんです。

出来れば1日1回をオススメいたします。

◆紫外線カットも必要
.
.

頭皮乾燥の原因の二つ目は紫外線です。

梅雨時から夏にかけては、1年のうちで最も紫外線が降り注ぐ時期。

もちろん、頭皮も日焼けします。日焼けはいわゆる低温やけどと同じです。

浴びたままにしておくと乾燥はもちろん、細胞に直接作用して老化の原因にもなります。

UVカット効果が高く、べたつかないスプレータイプの日焼け止めを使ったり、

帽子や日傘をさしたりして対策しましょう!

では、頭皮が日焼けしてしまった場合はどのように対処していけばよいのでしょうか?

日焼けした頭皮のシャンプー時のポイントについて紹介します。

■日焼けした頭皮の状態とは

頭皮が日焼けすると、バリア機能が低下している状態になります。

頭皮の色にもよりますが、頭皮が日焼けして赤い場合は軽度の火傷に近い状態になります。

頭皮が赤くなっていると、水分不足により頭皮が乾燥している状態になりますので、

炎症が起こりやすくなります。

乾燥すると痒みやフケが出やすく、

頭皮を強くかくことで傷をつけてしまい炎症を引き起こす場合があり、

頭皮への影響は髪の毛にも悪影響を及ぼしパサつきや抜け毛などの症状が現れやすくなります。

■日焼けした頭皮にいつものケアをすると起こるトラブル

強い紫外線は、細胞の働きを低下させてしまうため、

毛細細胞の働きを鈍らせ正常な髪の毛の成長に悪影響を与えます。

日焼けした頭皮に痒みや痛みがある場合は、

水分などでうるおいを与えて保湿してあげる事が必要です。

保湿ケアをする際は、刺激の少ないノンアルコールのものを使うと良いでしょう。

■日焼けした頭皮のシャンプー時のポイント

普段洗浄力の強いシャンプーを使っている人は、

症状が改善されるまで頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーなど、

頭皮に優しいものを使うようにしましょう。

日焼けした頭皮は、雑菌が侵入しやすい状態になっていますので洗い流す際には、

なるべくぬるめのお湯でシャンプー剤が残らないようにしっかりすすいで下さい。

一度頭皮が日焼けすると改善するまでに時間がかかりますので、

日頃から顔や身体と同じように頭皮も紫外線から守ってあげましょう。

◆エアコンの影響
.
.
原因その3は冷房です。
夏の暑い季節には欠かせませんよね。

でも、クーラーの効きすぎは、髪の乾燥のもとになります。

仕事などで1日中そんな環境にいると頭皮は思いのほか乾燥してしまうのです。

また、効きすぎた冷房は血行不良をもたらし、頭皮や髪の毛の健康に大きな影響を与えます。

夏のダメージが蓄積すると、秋の抜け毛などのダメージにつながってしまうので

今のうちからきちんとケアしていく事が大切です。

オフィスの寒さ対策で美髪を手に入れよう

オフィスや学校など涼しい環境に長くいるような方は、

1日の終わりの入浴時に海藻エキスなど潤い成分が配合されたシャンプーを使ったり、

アウトバストリートメントやヘアクリームを試してみたりしてください。

また頭に直接エアコンの風が当たるような場所はNG。

女性の場合、冷え性の人も多く頭皮だけでなく

体調不良に結びつくこともありますのでこまめにエアコンの温度調節をしたりして過ごしましょう。

どうしても直接風が当たるような場所を避けられなかった場合は、

トリートメントウォーターなどでこまめに保湿してあげて下さいね。

また寒さを感じるような室温は、血行不良を引き起こします。

肩から首の血行不良は育毛の妨げになってしまうので、

ストールをするなどして冷やさないように気を付けましょう。

◆カラダの内側からケア
.
.

日傘や髪用の日焼けどめなど、外からの対策も必要ですが身体の内側からのケアも大切です。

きちんとバランスの良い食事を取り、頭皮と髪にまで十分な栄養が行き届くようにしましょう!

髪を作るたんぱく質、頭皮の血行をよくするビタミン類を積極的に取り入れることが重要です。

そして、睡眠。

毎日ほぼ同じ時刻に就寝し、睡眠リズムが整えられれば、

就寝中に増加する成長ホルモンがより多く分泌され元気な髪を作ることができます。

パサパサ髪も、内側からのケアでツヤツヤにしましょう☆

■髪の栄養不足に気をつけて

夏場の髪の栄養不足に要注意!

暑さで食欲が衰えがちな夏は、体の栄養不足に注意が必要です。

元気な髪の為に、以下の栄養素をしっかりと摂り入れましょう。

アミノ酸

髪の主成分であるタンパク質をつくる材料。

豆腐、鶏ささみ、アジ、イワシ、玄米など

ビタミン類

髪を作るサポート役。

ビタミンB群:うなぎ、豆類など

ビタミンE:ごま、ナッツ、オリーブオイル

ビタミンC:ゴーヤ、ブロッコリー

ミネラル類

不足すると細毛や抜け毛の原因に。

鉄:レバー、あさり、ひじきなど

亜鉛:牡蠣、そら豆、ホタテ

バランスの良い食事が、髪の夏バテ予防になりますよ!

このように、季節に合わせた頭皮ケアを是非今から始めてみませか?